4.06.2010

Studio Visit:Bowne & Co.,

以前こちらで書いた「よ みがえる活版印刷」というTV番組が、先日4/5(月)に放送されました。20分間の番組ですが、けっこう見ていた方がいたみたい で、私にも何人かから、「やってたよー」「みた?」と話がありました。
Dan の活動が伝わって、なんだか私もとてもうれしかった!とてもよくまと まっていて、いい番組でしたー。編集をされていたMiwaさん、お疲れさまでした!
The Japanese 20min TV program which featured the letterpress printing in Brooklyn was on aired on Monday 5, April. I had some good responds from people who saw this program! It was really good, and I 'm happy to be known Dan's activities in Japan. Thank you, Miwa!

再放送があるのでありますので、見逃した方はぜひどうぞ。
BS1  4月11日(日)7:20〜7:40
BShi 4月11日(日)16:00〜16:20

ニュー ヨークウエーブ「最先端 アート!よみがえる活版印刷」
(jump to the website of this program)以 下番組サイトより引用:

活版印刷に再びルネッサーンス!デジタル製版の発達で消滅の危機 にある活版印刷。この人類の偉大な発明にもう一度光をあてようとるす21世紀の若きアーティストたち。1960 年代に消滅の危機にあった活版印刷が、今、若いアーティストたちから注目を集めている。そんなアーティストたちに利用してもらおうと、ブルックリンに活版 印刷の工房を立ち上げたのは、ダン・モリス(31歳)。100年以上も前の印刷機や数万点に及ぶ活字を、いつでも使えるようにした。利用料は1時間 1500円。大勢のアーティストがダンの工房で作品作りに取り組む。その姿を通し、新しい活版印刷の世界に迫る。
New Yorkで、もうひとつ訪ねていたスタジオがありました。
それは、この番組でDanの師匠の工房として登場していた、Bowne and Co., Stationers
South Street Seaportという19世紀の港町を再現した歴史保護地区でショッピングなどもできる観光スポットがあるのですが、その中のSouth Street Seaport Museumの一部として、石畳の道の一本奥に入った感じのところに、工房はありました。

the brick building and the charming sign.
レンガ造りの建物と看板がなんともそそる外観。

I visited Bowne and Co., Stationers, which appeared in that TV program as the place where Dan learned printing technique. It is a part of the South Street Seaport Museum, which is located in the historically conserved area, South Street Seaport. The printing studio is located on the cobbled street a bit off this area.

中に入ると、 すぐにショップ、奥が工房になっています。HPによると、もともとこのあたり(Park Row とFulton Streetの間あたり)は19世紀頃、紙屋、活字屋、インク屋といった印刷関連の店舗がひしめいていたそうで、Robert H. Bowneさんが、文房具や印刷関連の商品を扱うお店を始めたのがこのお店のルーツ。その後、1975年に、少し場所を移して今の建物が建てられたそうです。建物自体は19世紀の様子を再現しているそうですが、老舗の印刷所の中にある印刷機や活字は、19世紀ものがそのまま使われていました。

At the entrance, you will see a small gift shop, and the old letterpress studio behind them. According to the website, in 19th Century, many printing offices and "job shops", such as paper suppliers, ink makers are clustered in this area, and one of them was the stationery shop of Robert H. Bowne. In 1975, they moved a little to the current actual place, and the building was recreated like as it was in 19th Century, but inside of the building, the lead types and printing machines were still active and have been used from that old days!

It is one of the oldest and most important letterpress studios in Manhattan. The art school takes their students here as part of the typography class. They do custom prints, and sell cards both they selected and they printed here. This is the card which was printed here. They said, they really careful about pressing with old types!

ここで刷られたカード。
これはつるっとした紙にフラット目に印刷されていてます。
19C graphics on smooth, hard paper

19世紀の生のグラフィックがそのまま生きている!という感じですが、ショップ の方とお話すると「活字を使うときは、とても慎重にプレスをしているよ!」とおっしゃっていました。

update:映像で中の様子がよくわかります。

PRINTER'S BLOCK from Georgia Gruzen on Vimeo.

これ以外の活版印刷のスタジオへも訪問した様子はこちらから。
You can see other mini reports of my letterpress studio visits.
The Arm | Cooper Union Type Shop | Hijirik Studio | Sesame Letterpress | Moontree Letterpress

0 件のコメント:

コメントを投稿