4.18.2010

wrapping papers : Yoshino

イラストレーターである芳野さんの個展がtrayで開催されていたので、滑り込みで行ってきました。
{ image from Yoshino's website nocodico }

I visited the exhibition of Yoshino, the illustrator, which is featured on her works of wrapping papers.

リトグラフによる版画作品を数々生み出している芳野さんですが、今回は、「芳野包装紙展」ということで、彼女にとっても新しい試みという「包装紙」の展示でした。megropressの封筒ライナーに使用させていただける素敵なパターンの紙を探していたので、「包装紙」を見たかった。

{ displayed at the entrance }

彼女の生み出す絵は、意思のある砂糖菓子、といったイメージでふわりとしつつも、色が冴えて美しい。今回は包装紙は、レトロ印刷を使って制作されたそうですが、独特のズレと蛍光のカラーが効いてすてき。芳野さんご本人ともお話できました。アーティストの方と実際に話せるのはとてもいい。芳野さんの次の活動が楽しみです。

She usually makes illustrations and lithograph printing, she said making wrapping papers was the new trial for her. I 'm really interested in nice papers which can be used as envelope liners for our stationery items.
Her design has calm, soft and pure feelings, but a spice of luminous colors stood out among the feeling. These papers were made by digital stencil printing, called "Retro Insatsu" in Japanese. "Retro" is "retrospective". Many spontaneous shear and overlaps are created by this old fashioned and nostalgic way of printing. It added a bit of crafty feelings to the prints.

 { a souvenir cookie box wrapped with Yoshino's paper }

この展示ではAfterhoursさんとコラボもあり、この包みの中にはおいしいクッキーが。 会場では、1日だけカフェもやったそうです。Afterhoursさんのブログにもおいしい写真とともに綴られています。

{ cookies from Afterhours...so goood!! }

She collaborated with "Afterhours". These yummy cookies were in the box wrapped with Yoshino's paper. Taste so good! They opened one-day cafe at the gallery. There are much more yummy photos in Afterhours weblog.

0 件のコメント:

コメントを投稿