7.25.2011

megropress meets Melbourne -Idlewild Press 3

Carolynの作品は、繊細で、緻密で、美しい。
名刺や招待状などの印刷もするけれど、
物を書くしごともしている彼女の作品には、本の体裁をもったものも多い。
彼女は活字で組むということを重要視している。
自分で言葉を紡ぐ人だから、ほんとうに彼女の印象通り、組まれたものも、エレガント。
そして、厳しさがあり、無駄がなくて洗練されている。
人の印象って、こんなに作品に表れてしまうのかと驚いたほど。

"The Extinguishing of Stars"は、何年もかけて制作された、活版印刷の豪華なアート本。
文章と印刷を彼女が担当している。たくさんの場所を展示が回り、
オーストラリアやアメリカの図書館でコレクションとして収蔵されている。

Image from THE DESIGN FILES

Delicate, exquisite, and beautiful. I found those words in all of her works.
She does a lot of client works such as ephemera and business cards, etc... but  her prints sometimes turned out in a shape of bound books. It is because she loves books and she thinks it is important to compose her words using lead types, I guess.
Her compositions are always elegant, with a bit of strictness, simple and yet sophisticated. And so is she. I never know that the impression of person reflects such deep into her/his works.

"The Extinguishing Stars" is a gorgeous handmade letterpress books. Carolyn wrote  the story and printed all pages by letterpress. This exhibition of the books traveled over the states, and the books are owned by some major libraries in Australia and USA.


こちらは、"ENVELOPE"というプロジェクト。
事務封筒のライナーの柄をモチーフに、活字で組まれた彼女のライティングとともに、
レタープレスで印刷されたもの。スリップ状にまとめられたかたちも素敵。
準備の様子などは彼女のブログをどうぞ。

Image from THE DESIGN FILES
Image from THE DESIGN FILES

 "ENVELOPE" is a collection of prints exhibited in 2009.
It's really a fantastic idea for using the pattern of envelope security liners. She printed by letterpress the patterns and her own texts on the slips. They are contained really nice dark navy bound box too.
You could find out here more about the project.
When I saw her works, I felt the aura from them which is a sort of like her deep respect for the paper and types. She and her works are really sophisticated but she is very friendly at the same time and wishes many people know the wonderfulness of the letterpress. She hold the letterpress workshop class twice a month, if you want to join, see the details here!

今回、彼女の作品を実際に見せてもらって、紙と活字への敬意のようなつよいオーラを感じてしまった。
ちなみに、紙はいつもSomersetを使用しているそう。
彼女の美しい作品を見ていると、尊敬のまなざししか送れないのだけど。
ご本人はいたってフランクで、「多くの人にレタープレスの良さを知ってもらいたいと思って」と、
週末にレタープレスのワークショップも開催されています。

作品は、うっとりしすぎて写真をとり忘れてしまったので、THE DESIGN FILESのインタビュー記事より写真をお借りしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿